犬と猫の病気用語集」カテゴリーアーカイブ

急性湿性皮膚炎(急性湿疹、ホットスポット)-犬と猫の病気用語集

急性湿性皮膚炎(急性湿疹、ホットスポット) 強い痒みを伴う急性の表在性細菌感染症(皮膚表面の細菌感染)で、急性湿疹やホットスポットとも呼ばれます。顔面、頸部または大腿部(太もも)に発症しやすく、湿った被毛のもつれ、脱毛お … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

マダニ-犬と猫の病気用語集

マダニ マダニは日本全国に存在し、動物の血を吸って生きている大型の節足動物です。家のホコリに認められるコナヒョウヒダニなどとは異なります。 マダニの診断は、動物体表のマダニを肉眼的に確認して行います。幼ダニや若ダニはきわ … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

甲状腺機能亢進症(猫)-犬と猫の病気用語集

甲状腺機能亢進症(猫) 甲状腺ホルモンの過剰分泌によって生じる病気です。犬よりも猫で多く認められ、8歳以上の猫の2%は、本疾患に罹患していると考えられています。甲状腺は首の中央やや腹側に存在する内分泌器官です。バセドウ病 … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

猫のざ瘡-犬と猫の病気用語集

猫のざ瘡 猫の下顎(あご)に存在する毛包(毛穴の奥)の角化と皮脂腺過形成を特徴とする皮膚疾患です。症状として面皰(黒いブツブツ)が認められます。あらゆる年齢で発症し、多くは下顎部に限局しますが、上口唇に認められることもあ … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

乳歯遺残-犬と猫の病気用語集

乳歯遺残 乳歯が抜けずに残っている事を乳歯遺残(にゅうしいざん)と言います。 犬や猫では、3〜4か月齢から乳歯が抜け始め、全ての永久歯は6〜7ヶ月齢でほぼ萌出(歯が生える事)を完了します。7ヶ月齢を経過し、永久歯が萌出し … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

脂漏症(角化異常)-犬と猫の病気用語集

脂漏症(角化異常) 脂漏症は鱗屑(フケ)や脂漏(べたつき)を症状とする皮膚疾患です。猫よりも犬でよく見られます。 症状は光沢のない被毛、過剰な鱗屑(フケ)、皮膚の脂漏(べたつき)、臭い、ならびに様々な程度の痒みです。外耳 … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

避妊手術と去勢手術(不妊手術)-犬と猫の病気用語集

避妊手術と去勢手術(不妊手術) メスの不妊手術を避妊手術、オスの不妊手術を去勢手術といいます。 *なぜ避妊手術・去勢手術が必要なの? 避妊・去勢手術は犬猫の望まれない妊娠を防ぐ事はもちろん、動物自身が心身ともに健康で長生 … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

介護-犬と猫の病気用語集

介護 老化だけでなく、病気やケガにより体が不自由になると、動物にも介護が必要になります。 介護には、ごはんの介護(特別食を作る、食べさせる)、排泄の介護(排泄の補助、オムツの交換)、体を動かす介護(歩行の補助、寝返りをう … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

フィラリア症-犬と猫の病気用語集

フィラリア症 フィラリア症は、フィラリアという虫(細長い線虫で、成長すると30cmほどになる)が心臓や血管に寄生する病気です。イヌ科動物が感染しますが、まれに他の動物(猫など)にも感染する事があります。 ◎どうやって感染 … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする

歯根周囲病巣(歯根膿瘍)-犬と猫の病気用語集

歯根周囲病巣(歯根膿瘍) 歯根周囲病巣とは、歯髄(歯の神経)に生じた炎症が歯髄全体に拡がった後、歯髄壊死へと進行することによって、歯根尖部(歯根の先端部分)に病変が生じた状態を言います。原因は、歯の破折(歯が折れる)によ … 続きを読む

カテゴリー: 犬と猫の病気用語集 | コメントする