糖尿病(犬)-犬と猫の病気用語集

糖尿病(犬)

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリン不足(または作用不足)によって高血糖が持続し、様々な代謝異常が生じる病気です。中〜高齢のほか、雌(発情に関係した糖尿病があるため)で多いとされています。

原因は、インスリン分泌障害を起こす様々な疾患(インスリン抵抗性、膵炎、副腎疾患など)、雌犬の発情(高プロゲステロン血症)または薬物などが関係しています。

糖尿病の症状は、多飲(水をたくさん飲む)、多尿(尿をたくさんする)、体重減少および多食(ごはんをたくさん食べる)です。糖尿病性白内障が認められることもあります。代謝異常が重度になると、糖尿病性ケトアシドーシスに陥り、食欲不振、元気消失、嘔吐、下痢または衰弱などの症状をあらわし、命に関わる状態となります。

糖尿病は、症状(多飲、多尿、体重減少)、空腹時の高血糖および尿糖陽性を満たすことで診断されます。さらに、治療を開始する前には、併発疾患(尿路感染症、腎臓疾患、白内障、網膜症、皮膚疾患など)や基礎疾患(膵炎、副腎腫瘍、卵巣・子宮疾患、発情状況、薬物の使用状況)などの有無を調べることが必要不可欠です。

治療は、併発疾患や基礎疾患の管理を行いながら、食事療法、薬物療法およびインスリン療法を行います。治療の目標は、一般状態の改善(体重、多飲多尿)と合併症(白内障、腎臓疾患)の予防ですが、犬では血糖値コントロールを厳密に行っても、白内障や網膜症を防ぐのが難しいと言われています。

また、糖尿病の雌犬では、発情による高プロゲステロン血症が糖尿病治療に悪影響を与えるため、可能であれば卵巣(卵巣子宮)摘出術を行うことが勧められています。

インスリン製剤の選択や投与量を決めるため、はじめの数日間は入院が必要になりますが、その後は在宅治療となり、症状の改善(体重、多飲多尿)、血糖値のコントロール、尿糖陰性〜弱陽性を目標として自宅で1日2回のインスリン注射をおこないます。良好にコントロールできれば、1〜2ヶ月ごとの通院となります。

基礎疾患や併発疾患の程度、また、良好に血糖コントロールが出来るかどうかにより、予後は様々です。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。