マカデミアナッツ中毒-犬と猫の病気用語集

マカデミアナッツ中毒

マカデミアナッツ中毒は犬でのみ報告されています。原因物質はまだはっきりとわかっていませんが、体重5kgの犬では約11gのマカデミアナッツを食べると12時間以内に症状をあらわすと言われています。

症状は嘔吐、ふらつき、ふるえ、脱力感、強直、腹痛を示し、後ろ足に力が入らず歩けなくなる場合もあります。

もし中毒量を食べてすぐの場合は、動物病院で催吐処置(吐かせる処置)が行われます。原因物質はわかっていませんが、活性炭や下剤の投与が推奨されています。また、マカデミアナッツチョコレートの場合は、チョコレートに対する中毒にも注意が必要になります。膵炎、腸炎、腸閉塞の併発がなければ、24〜48時間程度で回復します。

もしペットが誤食してしまった場合は、いつ頃、何を、どの位食べたのかを、できるだけ詳しく動物病院に伝えることが大切です。


カテゴリー: 犬と猫の病気用語集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。